インフルエンザとは?感染経路と症状について

インフルエンザの感染経路としては、飛沫感染、空気感染、接触感染を挙げることができます。そしてこの中でも特に感染する人が多いとされているのが、飛沫感染と空気感染です。これはインフルエンザウイルスを保有している人がくしゃみや咳をすることによって、ウイルスを含んだ分泌物が周囲に飛散することから始まります。その分泌物に直接、触れてしまう、あるいは吸引してしまうことによって感染するのが飛沫感染です。そして空気感染とは、その分泌物から水分の飛んだ、ごく細かな粒子が長い間、空気中に浮遊しており、その空気を吸入することで感染してしまうと言う経路です。インフルエンザは特に冬場に大流行します。これは冬場は空気が乾燥しやすいためであり、それによって粒子がより長い時間、空気中に浮遊してしまうためです。ですからインフルエンザの感染経路を断つためには、まずはウイルスを周囲にまき散らさないことが必要です。くしゃみや咳が出る際は必ずマスクを着用する、または床に向かってする、服の腕あたりで口をおさえると言うことが求められます。そしてウイルスに感染したからと言って、必ずしも症状が出てくるとは限りません。免疫力が高ければ症状は出てこない、もしくは軽度で済むわけですから、日頃から規則正しい生活を心がけ免疫力や体力を維持することも重要です。また接触感染を防ぐために、うがい、手洗いも励行して下さい。インフルエンザの症状はともすれば風邪を似た部分もあります。しかし通常の風邪に比べると急激に症状が悪化すると言う特徴があります。特に急激に38度以上の高熱が出たと言う場合や、喉や鼻と言った呼吸器系以外の部分にも症状が出てきた場合はインフルエンザが疑われます。それらの症状の一例としては、全身の悪寒や強い倦怠感、頭痛や関節痛、激しい腹痛や下痢などが挙げられます。
■ジェネリックでインフルエンザを防ごう!
タミフルは予防に使える