カロナールでインフルエンザの解熱はできるのか?

インフルエンザは現在の先進社会においてもっとも猛威を振るっている感染症に一つです。この病気はウイルスを媒介に広まってゆき空気感染をするので、集団で感染するケースもあり国家レベルで警戒をしてゆく必要があります。特に近年この手のウイルスは変化を始めており、過去の新型ウイルスのように新しい形のウイルスが発生して爆発的に猛威を振るうこともあります。このように進化し続けるウイルスに対して、どのように対応し爆発的感染を防ぐかが今後の医療の大きな課題の一つであるといえるでしょう。
このインフルエンザに対する対応策としては、毒素を弱くしたウイルスを体内に接種して体内の抗体を作るワクチンの様な次善策としての対処方法。また、インフルエンザにかかってから発病後に利用できる薬の二種類があります。近年ではカロナールの様な薬もインフルエンザに対して効果があるといわれています。インフルエンザ発症後の薬品として、一昔前としてはタミフルの様な薬品が横行していました、この薬は場合によって興奮状態になり、異常行動などを起こすこともあるので近年では自己負担での利用のみにとどまっています。カロナールと近い選択肢としては、ロキソニンの様な薬品もインフルエンザに対して有効であるとして、利用されますがこちらの薬はカロナールと比べて脳症になりにくいなどデメリットが多いので、あまり利用されることはありません。自分でカロナールを利用して解熱させることはできますが、症状の長期などが考えられるので、カロナールによる解熱作用はあくまでも応急処置的な物として考え、カロナールを利用した後に必ずお近くの医者に訪ねて適切な治療を受けることをお勧めします。