死亡率の高いインフルエンザの感染を避けるコツ

インフルエンザは毎年冬になると流行し、死亡する人が出てくる病気です。感染しないことが一番重要なことですが、その予防策にはどのようなものがあるのでしょうか。
インフルエンザの感染は、ほとんどが飛沫感染です。感染者のくしゃみや咳と一緒に飛んだインフルエンザウイルスを吸い込んでしまうことで感染してしまうのです。そのため、一番簡単で効果が高いのがマスクをすることです。さらに部屋の湿度を上げることと、定期的に換気を行います。空気が乾いているとインフルエンザウイルスはいつまでも空気中を漂うため、感染してしまう確率が上がります。空気を入れ替えることで室内のウイルスを追い出し、さらに湿度を上げることでウイルスが長時間空気中を漂うことができなくなります。また、インフルエンザウイルスは喉と肺の間にある気道で増殖を繰り返し発症します。人間の喉や鼻の粘膜が潤っていれば免疫機能が働くため、インフルエンザウイルスを吸い込んだとしても感染や発症はしないのです。湿度を上げるのは、人間の免疫力が下がってしまわないようにする、という理由もあります。手洗いとうがいを行うことも、手に触れたものを洗い流したり、喉や鼻の粘膜についているものをうがいによって体外に排出するという効果があるのです。そして、一番効果があるのが、人の多いところにいかない、ということです。インフルエンザは症状が出ていなくてもウイルスは体内で増殖し、感染を広げて行ってしまうためです。不必要な外出を避けることが、予防に一番効果があります。しかし、仕事や学校があるため家にこもりっぱなしというわけにもいかないでしょう。そのため、マスクをし、うがいと手洗いを励行し、部屋の湿度を上げることを心がけるようにしましょう。